ピンぼけブログ館II

地元の叡山電車の写真をメインとした鉄道の話、京都・大阪とその近郊のお散歩やギャラリー巡りの感想、ちょっと遠出できたときの旅行記、などなど、なんでもありの雑文などをぐだくだと.... (by なかっちょ from Kyoto)

京のお彼岸の散歩 梨木神社の萩まつり

  先週末に続いてお彼岸の三連休ですね。「暑さ寒さも彼岸まで」のことわざ通り、先週半ばから急に秋らしくなってきて、朝晩は長袖を着るようになりました。昼間の最高気温もようやく20℃台で収まるところまで(^^♪
ただ、台風の影響で小雨が降る日が多くて、傘をさしたりすぼめたりしながらの散歩です。
 

f:id:nakkacho902:20190922205321j:plain

  21日は、梨木神社の萩まつりに行きました。
長引いた残暑とそのあと急に冷え込んで、冷雨まで降った影響か花のつきがあまり思わしくありません。
しかも雨で参道の露店や舞台でのイベントも縮小されてがっかり(^^;
 

f:id:nakkacho902:20190922205331j:plain

  とりあえず本殿にお参り。明治維新の功臣の三條實萬・三條實美父子を祭神とします。  

f:id:nakkacho902:20190922205341j:plain

  先々週は見れなかった、萩の露は写せました。  

f:id:nakkacho902:20190922205351j:plain

  萩の露 玉に抜かむと とれば消ぬ よし見む人は 枝ながら見よ
(よみ人しらず) 古今集 巻第四 222番 秋歌上

(教科書的)現代語訳:萩の露、真珠のように、緒を通そうと手に取れば消えてしまう、美しく観賞したい人は、枝のまま見なさい。
当時の和歌らしく意訳(裏の意味-笑) もあるらしいのですが、興味のある方は古今集の参考書を見るか、ネットで探してくださいネ(^^♪
 

f:id:nakkacho902:20190922205401j:plain

  ミズヒキも咲いてました。  
(前の記事) (三宅八幡宮の秋祭り)  
(次の記事) (叡電Xまんがタイムきらら展)  
読んでいただいてありがとう!  (TOP記事へ)
(当ブログは、2019年5月24日より「ココログ」より載せ替えました。 ココログの記事は【こちらで読めます】)