ピンぼけブログ館II

地元の叡山電車の写真をメインとした鉄道の話、京都・大阪とその近郊のお散歩やギャラリー巡りの感想、ちょっと遠出できたときの旅行記、などなど、なんでもありの雑文などをぐだくだと.... (by なかっちょ from Kyoto)

保存された京都市電稲荷電停の線路

  今年の2月ごろに、公園の整備工事に伴って、1970(S45)年の廃止以来、50年ぶりに掘り起こされた京都市電稲荷電停の線路の一部が、最近になって、公園のモニュメントとして保存されたとの新聞記事を読んで、見に行ってきました。  

f:id:nakkacho902:20200502205828j:plain

  この線路の遺構は昔から10cmほどだけコンクリートから顔を出していて、鉄道ファンの間では知られてましたが、1mちかくが掘り出されました。  

f:id:nakkacho902:20200502205838j:plain

  線路の右手の石も当時の敷石の一部でしょうね。  

f:id:nakkacho902:20200502205850j:plain

  現役時代の写真とともに説明版が置かれています。
管理人は、廃止当時は小学5年生で、初詣の混雑を覚えています。
 

f:id:nakkacho902:20200502205919j:plain

  真ん中の柵と踏切の間が停留所でした。今は線路跡も含めて公園になっています。  

f:id:nakkacho902:20200502205908j:plain

  西側をみると、京阪の線路が見え、現役時代は平面交差になっていました。

次回は、なまちゃんさんこと前川尚氏のお写真で、懐かしの稲荷線の現役時代にタイムスリップしてみたいと思います。
*
 
(前の記事) (京の散歩「道端の花(2)」)  
(次の記事) (京都市電稲荷線の今昔)  
読んでいただいてありがとう!  (TOP記事へ)
(当ブログは、2019年5月24日より「ココログ」より載せ替えました。 ココログの記事は【こちらで読めます】)