ピンぼけブログ館II

地元の叡山電車の写真をメインとした鉄道の話、京都・大阪とその近郊のお散歩やギャラリー巡りの感想、ちょっと遠出できたときの旅行記、などなど、なんでもありの雑文などをぐだくだと.... (by なかっちょ from Kyoto)

「Spacial Show & SUMMER SALE2020」in SUNABAギャラリー

  ようやくSUNABAギャラリーも実店舗で営業再開されたので、6月8日の会社帰りに寄ってきました。  

f:id:nakkacho902:20200609095744j:plain

  「Spacial Show」と「 SUMMER SALE2020」の2展示です。サマーの方は、前から予定されてましたが、スペシャルは急遽決まったとのこと。
中崎町一帯も商店街は人出がもどってますが、ギャラリーを見て歩くひとはまだ少ないようで、会場は貸切状態でした(^^;
 

f:id:nakkacho902:20200609095756j:plain

  スペシャルは、ちぎらしょうこさんの作品が充実してます。
ジェッソ(石灰主体の下塗り材)で、塗りこめられた白い作品。左から「プライベートビーチNo3」「堆積No28」「堆積No29」とタイトルがついてますが、説明は一切なし(^^;
 

f:id:nakkacho902:20200609095806j:plain

  こちらは、絵の半分ほどをジェッソで覆った作品。左から「ダンスC」「浸食する海No18」「浸食する海No15」です。
面白いと思いながらも、コンセプトが理解できずに帰ったのですが、帰りの電車の中で、作家さんがSNSで解説されているのをみつけました。
やはり「白い砂浜」のイメージですが、大自然、自然と共にある伝統文化、そして自然破壊や伝統文化の衰退への警告、などのメッセージが込められているようです。
 

f:id:nakkacho902:20200609095817j:plain

  これは、蛭田美保子さんの「しあわせの印章」(左)と、「カボチャと豆のサラダⅡ」
この作家さんお得意の野菜や果物がモチーフの作品。
 

f:id:nakkacho902:20200609095826j:plain

  ここから、サマーセールです。
渡邊涼太さんの、左から「向日葵」「breeze」「dog」です。

手前のコーナーが、めちゃ難解(笑)なのが並んでて、肩が凝りました(^^; が、この作品を見てホッと一息。

失礼ながらパッと見は「子供の絵(^^)」って感じですけど、構成・配色・テーマそれぞれに考え抜かれてるんでしょうね。
 

f:id:nakkacho902:20200609095835j:plain

  前田彩華さんの、左から、「糸遊(いとゆう)」「たまゆらの夢」「揺籃の子(ようらんのこ)」「月遊び」。
たまゆらの夢は、大正時代の画家の高畠華宵が描いた人魚を少しオマージュした作品だそうです。
 

f:id:nakkacho902:20200609095849j:plain

  ナカツカさんの、左から「鏡」「葉」「電車移動」「夜の光」です。
さみしそうな女の子たち、リアルと幻想が入り混じったような舞台。
好みの分かれるところかもしれませんが、管理人は応援してます(^^)
*
 
(前の記事) (泉屋博古館「住友洋画物語」展)  
(次の記事) (京の散歩「哲学の道のアジサイ」)  
読んでいただいてありがとう! 
(TOP記事へ)