ピンぼけブログ館II

京都人のおじさんです。仕事場は大阪船場。近所をブラブラ歩きながら、写真を撮ったり、お寺や神社に参ったり、ギャラリーをのぞいたりしてます。余り飛び回れなくなりましたが、鉄ちゃんでもあります。 よろしくお願いします。地元の叡山電車の写真をメインとした鉄道の話、京都・大阪とその近郊のお散歩やギャラリー巡りの感想、ちょっと遠出できたときの旅行記、などなど、なんでもありの雑文などをぐだくだと.... (by なかっちょ from Kyoto)

グループ展「声が聞こえる」in SUNABAギャラリー

  10月19日は、会社帰りにSUNABAギャラリーに寄ってきました。「声が聞こえる」と「抽象の庭Ⅱ」のふたつのグループ展が開催中。  

f:id:nakkacho902:20211022100822j:plain

  「声が聞こえる」には、常連(^.^)の池田ひかるさんと、初登場の大室悠人さん、櫻井あや乃さんの3人が出展されてます。
作品からどんな声が聞けるか楽しみです。
 

f:id:nakkacho902:20211022100831j:plain

  最初は、大室悠人さん。東京の大学で彫刻を専攻されてる学生さんだそうです。
作品も彫刻家らしく、群像、単独像ともモノクロでやや記号化されたような人物を描かれています。左の2枚はベニヤ板をベースに使って、力強さや荒々しさを感じます。
聞こえる声は、「ウォー!!」とか「ガオー!」といった、獣的な雄叫びに聞こえました。
 

f:id:nakkacho902:20211022100839j:plain

  ドローイング3枚。右の2枚は暗く写っているのではなく、顏を近づけて、やっと人物とわかるくらい暗く塗りこめられています。

「寒い」とか「苦しい」とか「助けて」とかいう声が聞こえてくる気がします。
 

f:id:nakkacho902:20211022100847j:plain

  次は、櫻井あや乃さん。やはり東京の学生さんで油絵を学ばれてます。

左は「雨」、右は "I'm all ears" 
初めて見たからかも知れませんが、作家さんの想いをとらまえるのにすこし時間がかかりました(^^;

どちらも、ややネガティブな絵にも見えますが、左は、「 雨音を聴きながら好きな人のところに向かってる(^.^)」、右は、大阪弁で「よお聞こえてまっせェ(^_-)-☆」と意訳してみましたが(笑)
 

f:id:nakkacho902:20211022100854j:plain

  「人間のドローイング」4枚
木炭やクレヨンで描かれてます。それとなくわかる程度にシンボライズされてますが、上手く特徴をとらえてますね。聞こえてくる声は案外、普通の会話かな(^^)
 

f:id:nakkacho902:20211022100902j:plain

  最後は、池田ひかるさん。たまたま在廊されててお話が聞けました。

おなじみ(笑)の、田舎の風景に少女やお人形。
作家さんの昔の記憶、あるいは両親から聞かれた話をイメージして描かれているようです。主人公はなにを話しているのでしょう。

時代は令和の今でも、平成でも昭和でも構いません。見る人の現実あるいは記憶の時空を思い浮かべられればいいのです。
 

f:id:nakkacho902:20211022100909j:plain

  池に少女が浮かんで、ちょっとシュールな気もしますが、子供の頃の水遊びのイメージですかね。  

f:id:nakkacho902:20211022100923j:plain

  暗くなった中崎町商店街は、ハロウィーン一色でした(^^)/
*
 
(前の記事) (流れる景色、さまよう目)  
(次の記事) (ミネアポリス美術館 日本絵画の名品展)  
読んでいただいてありがとう! 
(TOP記事へ)

流れる景色、さまよう目 in 京都精華大

  10月17日の夕方、京都精華大出町柳駅のギャラリーに「流れる景色、さまよう目」という展示を見に行ってきました。  

f:id:nakkacho902:20211020190720j:plain

  澤田 華さんと、ヤマガミユキヒロさんが、映像を主体とした展示されています。

スナップ写真では、ハイライトの一瞬は切り取れますが詳しくは、展示風景が動画で公開されてますので、見てください。

www.youtube.com

 

f:id:nakkacho902:20211020190424j:plain

  ヤマガミユキヒロさんの四条大橋周辺の映像を早送りしたような作品。雲がながれ、車や人がいきかい、川面に影が映ります。  

f:id:nakkacho902:20211020190436j:plain

  時間の経過とともに日が暮れて、夜景になって、また朝になるようです。
実景ですが、水彩画のようなアニメのような描画になっているのが面白いです。
 

f:id:nakkacho902:20211020190448j:plain

  こちらは東京駅中央線ホームの神田寄りの一日。
幽霊電車(笑)のようにぼんやりと透けた列車が発着します。
 

f:id:nakkacho902:20211020190455j:plain

  夜景は、ライトだけ光って車体はほぼ消えてますね(^^;  

f:id:nakkacho902:20211020190506j:plain

  こちらは、叡電出町柳元田中駅間と思われる背景が、パラパラ漫画のように連続して並べられた中を、電車が走ります。1m以上ある長い作品です。  

f:id:nakkacho902:20211020190514j:plain

  こちらは、叡電各駅のスケッチですが、実際に筆を入れていく様子が動画で現れます。

詳しい制作技法などを知らなくても、見てるだけで楽しい展示でした(^^)
*
 
(前の記事) (OSAKA LAUGH & ART 2021(後編)  
(次の記事) (グループ展「声が聞こえる」)  
読んでいただいてありがとう! 
(TOP記事へ)

OSAKA LAUGH & ART 2021 in 大阪中央公民館(後編)

  10月16日は、中之島公会堂へ "OSAKA LAUGH & ART 2021 " という、お笑いとアートがコラボする(^_-)-☆ という、大阪らしいイベントを見に行ってきました。  

f:id:nakkacho902:20211018165635j:plain

  3階の中集会室がアートフェスタのコーナー  

f:id:nakkacho902:20211018162048j:plain

  椏野蜜さん。飾られた作品がすごく細密なタッチで感心しました(^^)  

f:id:nakkacho902:20211018165744j:plain

  水野魔利枝さんの作品。  

f:id:nakkacho902:20211018165751j:plain

  「街の写真をデジタルコラージュし布に落とし込んだ」作品とのこと。遠目にはカラフルなクッションが並んでいるようのも見えますが、近づくと景色が見えてきて面白いです(^.^)  

f:id:nakkacho902:20211018165759j:plain

  ふるやみかさんの作品。
人型をペイントして、顔の部分が鏡になっています。一種の顔出し(笑)ですね。
 

f:id:nakkacho902:20211018165806j:plain

  BEI YONEZAWAさんの作品。  

f:id:nakkacho902:20211018165819j:plain

  刺繍の作品です。斬新で奇抜なデザイン、カラフルな糸や布。目を奪われました(^.^)
*
 


f:id:nakkacho902:20211018165833j:plain

f:id:nakkacho902:20211018165902j:plain

  まだ紹介しきれなほど作品は並んでましたが、紹介はここまで、帰りはバラ園に寄ってきました。
春バラにくらべてボリューム感は欠けますが、きれいに咲いてました。
*
 
(前の記事) (OSAKA LAUGH & ART 2021(前編)  
(次の記事) (流れる景色、さまよう目)  
読んでいただいてありがとう! 
(TOP記事へ)

OSAKA LAUGH & ART 2021 in 大阪中央公民館(前編)

  10月16日は、中之島公会堂へ "OSAKA LAUGH & ART 2021 " という、お笑いとアートがコラボする(^_-)-☆ という、大阪らしいイベントを見に行ってきました。  

f:id:nakkacho902:20211018161311j:plain

  このポスターのメインビジュアルは、©Saigetsu さん。  

f:id:nakkacho902:20211018161320j:plain

  ジャグリングのアトラクションを眺めてから、正面玄関を入ると、アート会場は3階とのこと。  

f:id:nakkacho902:20211018161330j:plain

  大正レトロ(できた当時は最先端のモダーンデザイン)の階段に感心しながら上がっていきます。2階はお笑いイベントのコーナーですが、入場整理券がいるみたい。  

f:id:nakkacho902:20211018161340j:plain

  3階まであがると、華麗で重厚な欧風宮殿風内装に圧倒される中集会室です。
アート作品と内装を共演(^^) させて写真を撮ってみました。光線の関係で、見づらいところがありますのはご了承ください<(_ _)>
 

f:id:nakkacho902:20211018161348j:plain

  メインブースでライブペイント制作中の山代エンナさん。  

f:id:nakkacho902:20211018161403j:plain

  ここからは、アトリエ3月さんを通して、お名前を存じている作家さんの作品を紹介します。
最初は、サトウナツキさん。
 

f:id:nakkacho902:20211018161355j:plain

  ポスターのイラストも担当されたSaigetsuさん。  

f:id:nakkacho902:20211018161410j:plain

  むくむくしたけものさん。
作品が光ってごめんなさいm(__)m
 

f:id:nakkacho902:20211018161427j:plain

  ライブペイント中のアラキドンさん  

f:id:nakkacho902:20211018161903j:plain

  ライブペイント中のふくだあゆみさん。  

f:id:nakkacho902:20211018161435j:plain

  ふくだあゆみさんの作品。
*
 
(前の記事) (こんにちは京都市電展(上級編)  
(次の記事) (OSAKA LAUGH & ART 2021(後編)  
読んでいただいてありがとう! 
(TOP記事へ)

こんにちは京都市電展(上級編)in 京都市歴史資料館

  「こんにちは京都市電」展の後期にようやく行くことができました。
前期の記事はこちら

「こんにちは京都市電」展 in 京都市歴史資料館 - ピンぼけブログ館II

 

f:id:nakkacho902:20211018101800j:plain

 

今回は上級編で「熱中!京都市電」と副題もついて、前編以上に濃い(笑)内容です。
展示は撮影禁止で、パンプもコピー禁止なので、ネタバレにならない程度(^^; にテキストで紹介。

序章ー京電と市電の開業
第1章ー土木:軌道、営繕、庶務・渉外
第2章ー電気:電力、饋電、信号・通信
第3章ー車両・運輸:狭軌車両、無軌道電車、運輸、庶務・渉外


特集1ー知られざる車両と施設:貨物輸送、散水車
特集2ー他社電車と市電:新京阪、嵐電、奈良電、叡電国鉄との協定
特集3ー保存車両
と、章立てして資料・写真等が展示されています。

鉄道ファンでも知識としては知っても、現物を見たことはないような貴重な内部資料がゴロゴロ(笑)してます。

特に、特集1の貨物輸送ー戦中戦後のトラック不足を補うため、市内3か所に貨物積卸し施設を作り、貨物電車で野菜等を運んだや、特集2の他社乗り入れや平面・立体交差に関する図面などは、非常に興味を引きました。

下鴨集荷場の地図入りの図面は、所在地を高野交差点の西北角から少し西寄り、今の京都銀行の西隣の大垣書店などが入っているマンションの位置と特定できました。
長年の疑問がやっと解けました(^^;

詳しくは、

京都市:歴史資料館の御案内

www.city.kyoto.lg.jp


*
 
(前の記事) (学生の詠む短歌電車「短歌詠電」  
(次の記事) (OSAKA LAUGH & ART 2021(前編)  
読んでいただいてありがとう! 
(TOP記事へ)