ピンぼけブログ館II

京都人のおじさんです。仕事場は大阪船場。近所をブラブラ歩きながら、写真を撮ったり、お寺や神社に参ったり、ギャラリーをのぞいたりしてます。余り飛び回れなくなりましたが、鉄ちゃんでもあります。 よろしくお願いします。地元の叡山電車の写真をメインとした鉄道の話、京都・大阪とその近郊のお散歩やギャラリー巡りの感想、ちょっと遠出できたときの旅行記、などなど、なんでもありの雑文などをぐだくだと.... (by なかっちょ from Kyoto)

京の真夏の散歩 東福寺の蓮池

  大阪のギャラリー巡りで一回飛びましたが、連休最終日の7月25日の蓮見の続きです。  

f:id:nakkacho902:20210726100325j:plain

  大蓮寺を出て、東福寺へ移動します。  

f:id:nakkacho902:20210726100334j:plain

  葉っぱの海に浮かぶような通天橋を見ながら山門前へ。8時半の開門直後で、まだ参拝者はまばら(有料拝観は9時~16時)。  

f:id:nakkacho902:20210726100344j:plain

  思遠池(しおんち)と呼ばれる池にはびっしりと蓮が植わって、真っ白な花が咲いてます。  

f:id:nakkacho902:20210726104737j:plain

  ここで撮影するのは初めてなので、ネットで開花状況を調べてきました(^.^)  

f:id:nakkacho902:20210726104745j:plain

  花弁が大きく開いて、咲ききった感じでちょっと見頃過ぎ(^^;  

f:id:nakkacho902:20210726100353j:plain

  見頃の様子を、本堂前の鉢植えで載せます。  

f:id:nakkacho902:20210726100402j:plain

  背後の建物は禅堂  

f:id:nakkacho902:20210726100411j:plain

  白い花もつぼみのころは、ピンク色をしています。  

f:id:nakkacho902:20210726100420j:plain

  清楚な感じがいいですね。  

f:id:nakkacho902:20210726100428j:plain

  帰りは、芙蓉の花に見送られて南門から鳥羽街道駅へ戻りました。
*
 
(前の記事) (草野水樹個展・グループ展「夏の華」)  
(次の記事) (暑中見舞2021)  
読んでいただいてありがとう! 
(TOP記事へ)

草野水樹 個展「パレード」& グループ展「夏の華」in SUNABAギャラリー

  7月28日は、会社帰りにSUNABAギャラリーに寄ってきました。
草野水樹さんの個展「パレード」とグループ展「夏の華」がともに最終日です。
 

f:id:nakkacho902:20210729125524j:plain

  草野水樹さんは、このギャラリーではおなじみの作家さんで、美人画の上手さでは定評があります。
グループ展は、「華」のイメージを4人の作家さんがどう膨らませて見せていただけるか気になるところですが、偶然か狙ったのか(^^; こちらも女性像が多いです。個性的な描き分けの妙も楽しめます。
 

f:id:nakkacho902:20210729125536j:plain

  草野さんの展示は、やはり女性像を中心に動物モチーフにした作品もいれて20点ほど展示してありました。

誘うような蠱惑の表情だったり、心配げで憂鬱な顏だったり、自信に満ちた前向きの姿勢だったり、何気なくもフト立ち止まったりと、仕草はさまざまですが、一瞬を切り取ったデッサン力が素晴らしいです。

さらに、服装・髪型・背景・小道具・同席?する動物たち、そしてタイトルに至るまで計算されつくした画面構成です。それでいて、息詰まるような緊張感を感じないのは、そこはかとなく漂うレトロ調によるものでしょうか。
 

f:id:nakkacho902:20210729125552j:plain

  「思い初め、また会う日まで」
たくさんの作品からこの一枚を選んでみました。作家さんの想いとは違うかもしれませんが、大正ロマン・昭和モダンの時代の美人画の匂いを感じ取ったからです(^^)
 

f:id:nakkacho902:20210729125658j:plain

  「夏の華」展の安藤朱里(あんどうあかり)さんの作品です。
草野さんとは印象がちがいますが、やはり美人画といえるのでしょうか。顔がアップになって花は服の柄や小道具としてさりげなく描き描きこまれてます。
ほかにやや劇画調(^^)のタッチの作品もあり、クールな印象の顔つきが決まってます。
 

f:id:nakkacho902:20210729125708j:plain

  「初見草」
「初見草」とは特定の春の植物ではなく、「春の松、夏の卯の花、秋の萩、寒菊または雪を表す言葉」だそうです。
着物の柄は「萩に朝顔」のように見えますので、暑い時期に秋のアイテムを取り入れて気分だけでも涼しくといったところでしょうか(^.^)
やや無造作にながれる髪の毛はくつろぎの時かな。
 

f:id:nakkacho902:20210729125717j:plain

  松平一民さんの作品です。
日本の神話や伝承の女神さまをモチーフに描かれています。
神さまは草花をまとった半裸の美少女として表現されています。天真爛漫な姿や、萱(草)の神さまはヘビを従えたりして、自然を感じます。
 

f:id:nakkacho902:20210729125725j:plain

  「夏高津日神」
その名の通り「夏の高い日差しの神格化」した神様のようです。昔も今も、日差しがなければ植物は育ちません。古代人は、この伸びやかな少女の肢体のような純粋さで、(アマテラスオオミカミのような絶対神とはまた違った形)で太陽に祈っていたんでしょうね。
 

f:id:nakkacho902:20210729125736j:plain

  妄想ハクビシンさんの作品です。
今年の2月にはじめて作品を拝見して、特に「水辺に集まる蝶と女性」を描いた「吸水」という作品に感動したのが記憶に残ってます。

今回は、夏に咲く代表的な花に合わせて5点出品されています。
 

f:id:nakkacho902:20210729125745j:plain

  「おわりと始まり」
梅雨空に先駆けて咲き出し、猛暑の頃には盛りをおわる「タチアオイ」と、冷えた飲み物と、冷たいお菓子を手にして猛暑の始まりを印象つける女の子だそうです。
ここまでは、たまたま在廊されてた作家さんにお聞きしたのですが、夏告げ鳥?、電線、お地蔵様の祠かな?は、何を意味するのでしょうか。
 

f:id:nakkacho902:20210729125754j:plain

  最後は、琴乎あおいさんの作品です。

いままで紹介した5人とはちょっと雰囲気の違う作品です。花と女性のモチーフは同じですが、重苦しい気配が漂います。どちらかというと怖い絵かな(^.^)
華やかさだけでなく、荘厳や鎮魂のためにも用いられる花の二面性を感じました。
 

f:id:nakkacho902:20210729125842j:plain

  《Sleeping Beauty》
もしかするとこの女性は、永遠の眠りに付かれたところでしょうか。枕元の蝶は、抜け出た魂なのかも。

 
(前の記事) (大蓮寺の蓮)  
(次の記事) (東福寺の蓮池)  
読んでいただいてありがとう! 
(TOP記事へ)

京の真夏の散歩 大蓮寺の蓮の庭2021

  連休最終日の7月25日は、東山二条の大蓮寺と東福寺の蓮をみてきました。  

f:id:nakkacho902:20210726093029j:plain

  8時前にお寺の到着。本堂前の庭にピンクの花がぽつぽつと咲いています。
看板の絵はこのお寺の名物「走り坊さん」
 

f:id:nakkacho902:20210726093040j:plain

  お寺の説明では「白、赤、黄、ピンク等40数品種あり」と書かれてますが、この日はピンクが大半で、白が少しだけ咲いてました。  

f:id:nakkacho902:20210726093050j:plain

  *  

f:id:nakkacho902:20210726093059j:plain

  *  

f:id:nakkacho902:20210726093108j:plain

  *  

f:id:nakkacho902:20210726093118j:plain

  鉢植えで、鑑賞用の一段高い通路もあって蓮を写すにはサイコーです(^.^)
*
 

f:id:nakkacho902:20210726093127j:plain

  他にも季節の草花が植えてありますが、地生えの朝顔を写して、お寺を後にしました。

大阪のギャラリー巡りを一回いれて、続いて東福寺に回ります。
 
(前の記事) (貴船神社の七夕ライトアップ)  
(次の記事) (草野水樹個展・グループ展「夏の華」)  
読んでいただいてありがとう! 
(TOP記事へ)

京の真夏の散歩 貴船神社の七夕ライトアップ

  7月24日は、貴船神社の七夕ライトアップにお参りしてきました。  

f:id:nakkacho902:20210725214253j:plain

  午後4時過ぎに国際会館前駅をバスで出発しましたが、鞍馬や大原方面から帰ってくるバスは満員の盛況で、臨時便も多数でていました。  

f:id:nakkacho902:20210725214304j:plain

  貴船口駅で、叡電の土砂崩れの復旧工事の様子をみて、貴船までハイキング。

さすがに山の中は涼しいですね。上り坂なのに汗をかきません(^.^)
 

f:id:nakkacho902:20210725214317j:plain

  30分足らずで神社の石段下に到着。
まだ薄暗くなりかけたところで、幻想的とまではいきませんが、良い雰囲気になってます。
 

f:id:nakkacho902:20210725214327j:plain

  貴船山から湧き出す山水は、夏でもしびれるほど冷たいです。
水の神様の恩恵を感じます(^^)
 

f:id:nakkacho902:20210725214336j:plain

  境内の笹の枝には、お願い事を書いた短冊がいっぱい。そよ風に揺れています。  

f:id:nakkacho902:20210725214345j:plain

  裏門の紙垂の間からみたところ。  

f:id:nakkacho902:20210725214355j:plain

  階段を降りで、旅館街をぬけ、奥宮に向かいます。  

f:id:nakkacho902:20210725214405j:plain

  有名な貴船の川床  

f:id:nakkacho902:20210725214416j:plain

  涼しい(^^) 冷たい(^^♪ 美味しい(^^)/  

f:id:nakkacho902:20210725214426j:plain

  夕闇のせまる奥宮にお参り。
ボトルにご神水を頂いてお土産がわり(^^;
 

f:id:nakkacho902:20210725214505j:plain

  帰り道で気が付いたんですが、一ノ鳥居前の楓の枝が真っ赤なんですね。一年中紅葉をつける種類なんでしょうが、ここだけ秋みたい(^.^)
*
 
(前の記事) (叡電ネタです)  
(次の記事) (大蓮寺の蓮の庭)  
読んでいただいてありがとう!  (TOP記事へ)