ピンぼけブログ館II

地元の叡山電車の写真をメインとした鉄道の話、京都・大阪とその近郊のお散歩やギャラリー巡りの感想、ちょっと遠出できたときの旅行記、などなど、なんでもありの雑文などをぐだくだと.... (by なかっちょ from Kyoto)

京の初夏の散歩「貴船神社にお参り」

  コロナ自粛の解除されてはじめての週末、5月24日は叡電鞍馬線を写した後、貴船神社にお参りしました。  

f:id:nakkacho902:20200526205401j:plain

  バスが減便されているので、貴船口駅から歩いていく人が多かったです。行きは上り坂で40分余り、帰りは下り坂で30分弱ですかね。
自家用車は、思った以上に少ないです。近畿圏以外の他府県ナンバーはほとんど見かけません。観光バスやタクシーでくるひとも極端にすくないです。
若いカップルやグループ、家族連れ、歩きなれた熟年世代(管理人はこれ(笑)、アユ釣りのひと、自転車やバイクでツーリングを楽しむひと......

つまりコロナ自粛で運動不足の体を動かしてストレス解消しよう(^-^;という人がやってきているようです。
 

f:id:nakkacho902:20200526205414j:plain

  龍船閣からの眺め
一面の青紅葉。欄干の下のよしず張りの中は、有名な川床です。
 

f:id:nakkacho902:20200526205427j:plain

  真夏でも涼しいといわれる川床。
やはりお客さんは少なめでした(*_*) やってないお店も多かったです。

ただしその分、床の席料も幾分かお得になっているようです(^^; ひとの少ないこの時期に青葉紅葉の渓流を楽しむのはいかがでしょうか。

京懐石料理がお高く感じる(笑)なら、お得な飲み物&軽食だけのお店もありますよ(^^♪
 

f:id:nakkacho902:20200526205523j:plain

  アユ釣りもようやく心置きなく竿を出せるようになりました。大勢の釣り人を見かけました。  

f:id:nakkacho902:20200526205537j:plain

  ユキノシタの花が見ごろになってます。  

f:id:nakkacho902:20200526205547j:plain

  鑑賞用に庭に植えたり、葉は薬草や食用(天ぷらがおいしい(^^♪ にもなるそう。  

f:id:nakkacho902:20200526205559j:plain

  旅館街を抜け、千年杉の参道を奥宮へ。  

f:id:nakkacho902:20200526205610j:plain

  奥宮につきました。
生い茂るハート型の葉は桂です。
 

f:id:nakkacho902:20200526205621j:plain

  帰り道の小便小僧ならぬ小便たぬきに思わずにっこり(^.^)
*
 
(前の記事) (京の散歩「下鴨神社を歩く」)  
(次の記事) (津田青楓展)  
読んでいただいてありがとう!  (TOP記事へ)
(当ブログは、2019年5月24日より「ココログ」より載せ替えました。 ココログの記事は【こちらで読めます】)

京の初夏の散歩「夕暮れの下鴨神社を歩く」

  コロナ緊急事態の解除された5月23日。
午前中は久しぶりに農作業ボランティアで草取りに行って、疲れて(^^;帰ってきて、ちょっと横になって、夕暮れ時に散歩にでました。
 

f:id:nakkacho902:20200524223618j:plain

  日が長くなって5時半すぎの比叡山です。しばらく気に掛けないうちに全山が濃緑で覆われました。堤の桜並木も生い茂ってます。  

f:id:nakkacho902:20200524223628j:plain

  夕日をうけてきらめくさざ波。  

f:id:nakkacho902:20200524223638j:plain

  もう本宮は閉門時間をすぎてほとんどだれもいません。  

f:id:nakkacho902:20200524223647j:plain

  今年は葵祭も中止になって、晴れ舞台になれなかった(^^; 糺の森  

f:id:nakkacho902:20200524223700j:plain

  ヤマボウシ  

f:id:nakkacho902:20200524223709j:plain

  トキワツユクサが白い花を咲かせています。

自粛は緩和されつつありますが、この森を舞台に開催される、古本市や手づくり市や森のコンサートや京炎そでふれの踊りや盆踊りや光のイベントや.....etc. は、どうなるんでしょう?
当面、秋口までは中止か延期かな(+_+)
 

f:id:nakkacho902:20200524223722j:plain

  ものすごく低い位置まで夕日が降りてきました。  

f:id:nakkacho902:20200524223734j:plain

  河合神社もひっそり。  

f:id:nakkacho902:20200524223748j:plain

  瀬見の小川のみそぎ場  

f:id:nakkacho902:20200524223758j:plain

  こちらは泉川に設けられた神職のおうちのみそぎ場。  

f:id:nakkacho902:20200524223811j:plain

  鴨川公園にたつ、「目玉の松ちゃん」こと尾上松之助像。往年の映画スター・監督です。
すこし前までは鬱蒼とした松林に囲まれてましたが、台風の倒木整理で明るくなりました(^-^;
 

f:id:nakkacho902:20200524223820j:plain

  鴨川三角州は、午後6時を回っても歓声が沸き上がっていました(^^♪  

f:id:nakkacho902:20200524223829j:plain

  この先、あかるい生活が続きますように(^^)  
 
(前の記事) (叡電ネタです)  
(次の記事) (京の初夏の散歩「貴船神社にお参り」)  
読んでいただいてありがとう!  (TOP記事へ)
(当ブログは、2019年5月24日より「ココログ」より載せ替えました。 ココログの記事は【こちらで読めます】)

【叡電】緑が濃くなってきた鞍馬山

  コロナ自粛が緩和されて、5月24日は2か月ぶりに叡電にカメラを本気(笑)で向けてきました。  

f:id:nakkacho902:20200524212827j:plain

  新緑のもみじのトンネルを進む鞍馬行き電車。
乗客は、ごらんの少なさ(T_T) ですが、電車に乗りながら森林浴ができます(^.^)
 

f:id:nakkacho902:20200524213221j:plain

  閑散とした鞍馬駅前で、2代目の天狗さんが迎えてくれました。
まだ鞍馬寺は閉門したままですが、ちかく開門されればお参りのひとで賑わってくるでしょう。
 

f:id:nakkacho902:20200524212841j:plain

  貴船口まで戻って、定番撮影地で撮影。
やはり長いことカメラに触ってないので勘が戻ってきません(^^;
タイミングを逃したり、構図に失敗したり(笑)

でも、気兼ねなく電車を写せるのはありがたいことです(^^♪
 

f:id:nakkacho902:20200524212851j:plain

  3月下旬に来たときは、ようやく萌えだしてきた景色でしたが、早や緑濃くなってます。  

f:id:nakkacho902:20200524212912j:plain

  貴船神社は通常通りお参りできるので、貴船口駅付近は散策する人が見られます。  

f:id:nakkacho902:20200524212922j:plain

  新緑で覆われた梶取社。葉っぱの陰で分かりにくいですが、後ろを電車が通り過ぎていきます。  

f:id:nakkacho902:20200524212931j:plain

  冬になって葉が全て落ちると、電車が鳥居をくぐって鞍馬に向かうような写真が撮れます(^^)  
 
(前の記事) (京の散歩「伏見街道を歩く」)  
(次の記事) (京の散歩「下鴨神社を歩く」)  
読んでいただいてありがとう!  (TOP記事へ)
(当ブログは、2019年5月24日より「ココログ」より載せ替えました。 ココログの記事は【こちらで読めます】)

京の初夏の散歩「伏見街道を歩く」

  伏見深草の散歩がなかなか面白かったので、5月16日に小雨の中をまた出かけてきました。

今回は、伏見街道(本町通)に沿って、七条から中書島まで歩きます。
 

f:id:nakkacho902:20200520135902j:plain

 

京阪七条駅から本町通を南下してすぐの本町跨線橋を渡るときに、ちょうどEF210-18の引く貨物列車が通過しました。福岡タ発越谷タ行きの1052列車のようです。
コロナの影響で荷物が少なく空車が目立つのが残念です。はやく経済活動も安定して欲しいです。

 

f:id:nakkacho902:20200520134244j:plain

  車の少ない東福寺の参道に折れてみます。歩き始めは雨がやんで薄日もさしてたのに、東福寺を出る頃にまた降り出してきました('◇')ゞ

これも知らなかったのですが、東福寺の南門から伏見稲荷大社まで本町通を通らずに行ける道があるんですね。ちゃんと道標もあります。

東福寺塔頭の光明院は、作庭家重森三玲の波心庭、雲峯庭を拝見できます。「虹の苔寺」ともいわれるお寺なので、参拝が再開されたらこの日のような小雨に濡れた苔庭を味わいたいところです。
 

f:id:nakkacho902:20200520134300j:plain

  お稲荷さんは、こんどは南門から出ます。小雨の中、土塀と朱塗りの板塀がいい雰囲気だしてますね。  

f:id:nakkacho902:20200520134310j:plain

  歯痛に霊験あらたかといわれる「ぬりこべ地蔵さん」です。
6月4日の虫歯予防デーにあわせておまつりがありますが、今年は、あるかなぁー(^-^)
 

f:id:nakkacho902:20200520134325j:plain

  深草地区は、前に紹介してるので飛ばして、京阪墨染駅前の墨染寺に進みます。
墨染地区の地名の由来となり、
深草の野辺の桜し心あらば今年ばかりは墨染に咲け
(上野岑雄 古今集 巻十六 哀傷歌 832番)
で知られる、墨染桜が植えてあります。もう葉桜ですが(^-^)
 

f:id:nakkacho902:20200520134336j:plain

  墨染寺の近くに、山科を歩いたときに紹介した深草少将の屋敷跡と伝える、欣浄寺があります。
小野小町百人一首
花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに
 (古今集 巻二 春下 113番)
に合わすかのように、しおれた八重桜が雨にそぼ濡れておりました。
 

f:id:nakkacho902:20200520134346j:plain

  境内には小町と少将の供養塔のあります。
少将は、ここから竹藪のつづく大岩街道を毎晩、醍醐まで歩いて行ったんでしょうね。
 

f:id:nakkacho902:20200520134355j:plain

  午後6時を回って、明かりのつきだした酒蔵の道。
ほとんど誰もあるいていません。商店街も早くも店じまいをはじめてました。
 

f:id:nakkacho902:20200520134732j:plain

  天候やコロナのせいで(笑)、ブルーな記事ばかりになったので、最後は明るい「花鉄」で(*^▽^*)
5月10日の散歩の最後に寄った、近鉄京都線宇治川派流鉄橋とキショウブです。
*
 
(前の記事) (靭公園のバラ園)  
(次の記事) (叡電ネタです)  
読んでいただいてありがとう!  (TOP記事へ)
(当ブログは、2019年5月24日より「ココログ」より載せ替えました。 ココログの記事は【こちらで読めます】)

靭公園のバラ園〈白バラをメインに〉

  ようやく非常事態が解除されて、少なくとも昼間の大阪市内は活気が戻ってきました。

5月上旬は閑散としていたバラ園も散策する人が多くなってきました。
 

f:id:nakkacho902:20200520110912p:plain

  ここのバラ園は白いバラが多く植えられているので、メインで写してみました。  

f:id:nakkacho902:20200520110928j:plain

  アイスバーグ (ドイツ原産)
朝方は雨が降っていたので、花弁が濡れている花が多いです。
 

f:id:nakkacho902:20200520110938j:plain

  緑光 (日本 京成バラ園芸
見る角度によって薄いグリーンがほのかに光ります。
 

f:id:nakkacho902:20200520110947j:plain

  マーガレット メリル (イギリス原産)
バラよりもツバキのイメージですね(^^)
 

f:id:nakkacho902:20200520110956j:plain

  ウィンチェスター キャシドラル (イギリス原産)
これはすこしオレンジがかってますね。
 

f:id:nakkacho902:20200520111007j:plain

  ホワイト ウィングス (アメリカ原産)
一重のバラです。より原生種に近いのでしょうか。
 

f:id:nakkacho902:20200520113238j:plain

  ホワイト クリスマス (アメリカ原産)
外側の花弁にピンクの斑点がでているのは、先祖帰りでしょうか(^.^)
 

f:id:nakkacho902:20200520111025j:plain

  ホワイト クイーン エリザベス (イギリス原産)
チリメンのようなちぢれがあります。
 

f:id:nakkacho902:20200520111035j:plain

  ミセス ハーバート スティーブンス (イギリス原産)
気品を感じさせる白です。
 

f:id:nakkacho902:20200520111048j:plain

  マグレディス イエロー (イギリス原産)
名前ほど黄色は強くないですが(^^;
 

f:id:nakkacho902:20200520111058j:plain

  ツル アイスバーグ (イギリス原産)
最後は白バラのアーチを。右側の生育が遅れてるのが残念ですね(^_^)
 

f:id:nakkacho902:20200520111111j:plain

  もちろん色バラもたくさん植えてあります。ボチボチ花期は終わりのようですが、秋バラのころにまた紹介しましょうか(^^)/
*
 
(前の記事) (京の散歩「深草の里を歩く2」)  
(次の記事) (京の散歩「伏見街道を歩く」)  
読んでいただいてありがとう! 
(TOP記事へ)