ピンぼけブログ館II

地元の叡山電車の写真をメインとした鉄道の話、京都・大阪とその近郊のお散歩やギャラリー巡りの感想、ちょっと遠出できたときの旅行記、などなど、なんでもありの雑文などをぐだくだと.... (by なかっちょ from Kyoto)

京の初冬の散歩「法然院から真如堂へ」

  12月も第2週末になってくると、京都の観光地もぐっとお客さんが減ってきます。
色付きの遅いもみじは、まだまだ楽しめます。これから穴場を探して散歩しましょう(^^)/

と、いう訳で、12月8日にいつもの哲学の道から吉田山、下鴨神社までの散歩コースを歩いてきました。
 

f:id:nakkacho902:20191211113956j:plain

  ライトアップの期間中は、朝早くから夜遅くまで散策者の絶えなかった哲学の道も、もう地元の人が犬を散歩させているだけ。
法然院へ寄ります。
 

f:id:nakkacho902:20191211114006j:plain

  この茅葺の山門は、秋冬の冷え込んだ朝にこそ見るべきですね。  

f:id:nakkacho902:20191211114201j:plain

  門をくぐると、右手にイチョウ、左手にカエデが砂壇に描かれてます。  

f:id:nakkacho902:20191211114220j:plain

  ふり返って一枚。黄色の楓葉と苔むした屋根がよくマッチします。  

f:id:nakkacho902:20191211114233j:plain

  枯葉色からモノトーンに変わりつつある池を渡って、本堂にお参りします。  

f:id:nakkacho902:20191211114256j:plain

  法然院を後に、真如堂に向かいます。
途中、安楽寺に寄ります。この時期は散り紅葉で真っ赤になった石段が見れるのですが、この日はすでに掃き清められたあと(^^;
たまたま来られてた別のカメラマンさんと「ひと足遅かったですな。お坊さんは早起きや(苦笑)」
 

f:id:nakkacho902:20191211114310j:plain

  こちらも、参拝者の波は治まって、普通の休日の朝に戻ってます。  

f:id:nakkacho902:20191211114323j:plain

  もみじのフレームで、三重塔を。塔の前の枝が落葉しているのが残念(^_^)  

f:id:nakkacho902:20191211114342j:plain

  散り紅葉がみたいので、右の脇参道を行きます。ここは掃除する必要がないのか(笑) ものすごい量の落ち葉ですね。  

f:id:nakkacho902:20191211115655j:plain

  すこし行くとイチョウの黄色が混じります。  

f:id:nakkacho902:20191211131041j:plain

  背景の真っ赤な絨毯で、小菊の白が目立ちますね。  

f:id:nakkacho902:20191211131053j:plain

  ピラサンカはオレンジのバックで。(もう少し絞って背景を目立たせれば良かった(*^_^*)  

f:id:nakkacho902:20191211131109j:plain

  「そうだ京都、行こう」をはじめ多くの観光ポスターの取り上げられる、有名な本堂裏の散り紅葉の裏庭。
この日は一日曇り空でしたが、ここは冬晴れの下で写真を撮りたかった(^.^) 

☆ 散歩は、まだ続きますが、先に7日に行った展示の紹介を ☆
 
(前の記事) (15周年のご挨拶)  
(次の記事) (土屋未久個展)  
読んでいただいてありがとう!  (TOP記事へ)
(当ブログは、2019年5月24日より「ココログ」より載せ替えました。 ココログの記事は【こちらで読めます】)